設計事務所にデザイン性の高さを依頼|理想を詰めたマイホーム

不動産

設計から携わる事務所

一軒家

近年、東京の住宅ニーズも多様化しており、建築家が在籍する設計事務所においては、高いデザイニング力が必要となり、優良事務所が人気を集めています。融通性があり、住む方にあわせたオーダーメイド感覚での設計が魅力の1つです。

設計や監理に特化

内観

東京ならではの土地の条件などに応じ、フレキシブルに対応してくれるのが設計事務所の特徴であり、狭い土地などでもアイデアやデザインを駆使したプランニングを行ってくれます。また、設計のみならず、施工監理に特化したサービスを提供していくことも注目されています。

事務所の選択法

一軒家

依頼者と工事施工者との契約に携わることも設計事務所の役割でもあり、依頼者が事業所選びで見極めたいサービス内容でもあります。東京エリアの特色や特徴を視野に入れ、理想とする家づくりを図面からサポートしてくれるため、こだわり住宅も話題性を集めています。

デザインから住まいを作る

スマイル

設計に自然を生かす

東京には数多くの建造物が創られており、自ずと設計事務所も急増し、数々のサービスが展開されています。設計事務所の利用の一工夫として、デザイン性を取り上げることが可能で、例えば、東京ならではの自然と環境をデザインに組み込むことも可能です。このデザイン性を住宅あるいはビルやマンションなどの建築に利用することにより、空間のスケールに違いを生み出すこともできます。東京都心を中心に近未来デザインが目立つようになり、自然環境を取り入れた建造物は逆に少なくなっているのも事実であり、戸建にも応用できるのが光あるいは風を取り入れるデザインです。屋外と屋内環境がもつ光と風など、エネルギーポテンシャルの差によって、フレキシブル自然環境と繋がりある設計依頼が可能です。

設計プランの先読み

近年、東京においても社会状況の変化が目まぐるしく、ライフスタイルも複雑に変化しており、東京で展開する設計事務所でもこの変化によって、建築をどう変えるべきなのか模索するケースが相次いでいるため、マイホームやマンションなどの設計に関する依頼を行う際には、注意したい内容です。また、気を付ける点としては、地域特性に着目したデザインが近年話題となり、住宅などに応用されていますが、地域特性には森林から切り出される木材を使ったり、太陽光や風を取り入れた内容で設計プランが提案されます。しかしながら東京都においては、気候などの自然界の変化を先読みできても、周辺環境までが先読みできにくいため、風や光の確保が将来的に一定しない点に気を付ける必要が挙げられ、設計事務所のノウハウが重要となります。