設計事務所にデザイン性の高さを依頼|理想を詰めたマイホーム

不動産

事務所の選択法

一軒家

契約内容のアドバイス

最新の住宅情報を見聞きできる東京において、設計事務所を利用する個人の方々は年々増えています。設計事務所の役割として、設計と工事は別々のサービスとなり、工事監理は行うものの、施工は別の事務所が受託するのが一般的です。住宅へのこだわりニーズが高まる東京エリアで、理想とする家に仕上げるための利用テクニックとしては、工事契約の助言を挙げることができます。施工の見積りを取った後、内容を精査して契約、発注の流れになります。施工は工務店などが行うため、見積書の内容を調査したり検討するなどのチェックが必要です。適切な業者を選定することに直結するため、知識が乏しい依頼者の契約時の立ち会い人としてや助言を求めることで、監理や施工に信頼をおくことが可能です。

設計と工事施工は別

希望や予算に配慮し、建物を計画して図面を作成するのが設計事務所の大きな役割であり、東京にも大手から個人事務所までが展開されています。設計事務所を利用するにあたり、設計監理は行われるものの、工事管理や建築工事に関しては工務店や建設会社が担う点に注意が必要です。設計のプロであるものの、建築工事を実施することはなく、依頼する際には大工や左官など、それぞれの職人にも着目した事務所の選択も必要となります。東京エリアの特色を理解したプランニングに強みがあり、設計図には構造や設備に関する内容も記載されるものの、カタチにするには板金・電気・水道などの職人が携わるため、トータルした内容で優良事業所を選ぶことが大切です。